「そこらへんの草」メニュー 春日部の特別支援学級児童ら考案 市内スーパーで展示 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
埼玉県春日部市米島のみどりスーパーで展示されている「そこらへんの草」メニューの数々。市内の特別支援学級の児童たちが考案した=2021年8月28日、坂本高志撮影
埼玉県春日部市米島のみどりスーパーで展示されている「そこらへんの草」メニューの数々。市内の特別支援学級の児童たちが考案した=2021年8月28日、坂本高志撮影

桜川小にグランプリ 「ほうれん草&ブロッコリーホットケーキ」

 「元気がで草(そう) 彩りかわべっ子ぎょうざ」「えいようたっぷりやさいケーキ」――「そこらへんの草」総菜商品が人気の春日部市米島の「みどりスーパー」で、市内4小学校の特別支援学級の児童たちが考案した「そこらへんの草」メニューが展示されている。店は来客らに、気に入った作品への投票を呼びかけ、グランプリが決まった。

 実写映画が大ヒットした人気漫画「翔(と)んで埼玉」の有名なセリフ「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」にちなみ、みどりスーパーなど市内の複数の商店や飲食店は、県産野菜などを使った「そこらへんの草天丼」「そこらへんの草メンチ」などを販売。SNS(ネット交流サービス)などで話題を集めた。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文583文字)

あわせて読みたい

注目の特集