みずほ銀行でまたATMトラブル 取引システムの不具合 今年7回目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
みずほ銀行のATMコーナー=東京・羽田空港で2019年5月10日、米田堅持撮影 拡大
みずほ銀行のATMコーナー=東京・羽田空港で2019年5月10日、米田堅持撮影

 みずほ銀行は8日、午前9時20分ごろにシステム障害が発生し、全国で最大約100台の現金自動受払機(ATM)が一時停止したと明らかにした。これに伴い、現金がATMに取り込まれる状態が27件起きた。原因は取引システムの部品の不具合と説明しており、午前10時半までに全て復旧した。

 みずほ銀のシステム障害は今年7回目。みずほ銀行と親会社のみずほフィナンシャルグループに対しては、金融庁が業務改善命令を出す方向で検査を進めている。【安藤大介】

あわせて読みたい

注目の特集