特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン政権の国家承認巡る米のジレンマ 曖昧な姿勢の背景

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=ワシントンで2021年8月31日、AP
バイデン米大統領=ワシントンで2021年8月31日、AP

 米国のバイデン政権は、アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンによる政権を正統な政府として承認するかは「行動を見て判断する」との考えを強調している。だが、旧タリバン政権幹部の復帰や、米国務省がテロ組織とするタリバン内の強硬派「ハッカーニ・ネットワーク」を率いるシラジュディン・ハッカーニ師の入閣から、米国による政府承認は遠のいたとの見方が広がっている。

 米国務省の広報担当者は7日、「タリバンの関係者ばかりで、女性閣僚はいなかった」と批判。さらに、閣僚らの所属や経歴に懸念も示した。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文920文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集