特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガン国連大使「包括的にはほど遠い」 タリバン暫定政権を非難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国連総会で演説するアフガニスタンのイサクザイ国連大使=2021年9月7日、国連のウェブTVより
国連総会で演説するアフガニスタンのイサクザイ国連大使=2021年9月7日、国連のウェブTVより

 アフガニスタンのイサクザイ国連大使は7日、「平和の文化」に関する国連総会の会合で演説し、イスラム主義組織タリバンが閣僚らを発表した暫定政権について女性や前政権高官が登用されていないことを念頭に「包括的と言うにはほど遠い」と非難した。イサクザイ氏は崩壊したガニ政権に任命されて、政権崩壊前の今年7月から国連大使を務めている。

 イサクザイ氏は「タリバンは戦争には勝ったかもしれないが、平和とアフガン人の心は獲得していない」と強調。「特に自由で民主的なアフガンしか知らない若者は憲法上の権利を排除するような統治は受け入れない」と語った。加盟国に対し、タリバン政権を拒否し、女性や少女の権利侵害を許さない「レッドライン(越えてはならない一線)」を引くよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文514文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集