「尼の川」は自然豊か 兵庫・尼崎の藻川の生物を「図鑑」で紹介

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
さまざまな魚を紹介する「尼の川いろいろ図鑑」
さまざまな魚を紹介する「尼の川いろいろ図鑑」

 兵庫県尼崎市東部を流れる藻川に生息する生物をまとめた「尼の川いろいろ図鑑」を、地域で環境学習活動などに取り組む市民グループ「自然と文化の森協会」の佐藤亮会長(59)が作った。魚、カニ、カメ、昆虫、植物など計約80種類を紹介しており、佐藤さんは「工業都市・尼崎に豊かな自然があることを知ってほしい」と話す。【中村清雅】

 「図鑑」は本ではなく、協会など複数の市民グループでつくる「あまっこ川あそびサミット」のニュースレター(A4判)の裏面に、2019年~21年に連載した。生物の写真を載せ、生態などを説明する記事を加えた。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文644文字)

あわせて読みたい

注目の特集