四国南東部で大雨 徳島、高知で一時計2万3000人に避難指示

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
冠水した国道55号。立ち往生した車も見える=徳島県海陽町四方原で2021年9月8日午後1時半ごろ(国土交通省四国地方整備局提供)
冠水した国道55号。立ち往生した車も見える=徳島県海陽町四方原で2021年9月8日午後1時半ごろ(国土交通省四国地方整備局提供)

 気象庁は8日午前、同じ場所で積乱雲が次々と発生して大雨を降らせる「線状降水帯」が確認されたとして、徳島県に「顕著な大雨に関する情報」を発表した。徳島県の1市3町(阿南市、海陽町、牟岐町、美波町)と高知県東洋町では一時、計約2万3000人に避難指示が出されたが、けが人はなかった。

 気象庁などによると、前線に向かって太平洋側から湿った空気が流れ込み、四国南東部で大雨が降った。徳島県…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集