連載

麺食い・列島味便り

地方で食べた麺の思い出や感想、紹介してほしいご当地麺などをお寄せください。メール:shuto@mainichi.co.jp▽郵送:〒100-8051 毎日新聞東京本社地方部・麺食い係(住所不要)

連載一覧

麺食い・列島味便り

竹岡式ラーメン 千葉 黒スープに家族の優しさ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
しょうゆの黒いスープとチャーシューが特徴の竹岡式ラーメン=千葉市稲毛区園生町で2021年8月20日、柴田智弘撮影
しょうゆの黒いスープとチャーシューが特徴の竹岡式ラーメン=千葉市稲毛区園生町で2021年8月20日、柴田智弘撮影

 千葉県富津市の漁師町、竹岡地区が発祥とされ、内房を中心に県内各地に広がり千葉のソウルフードの一つに成長しつつある。麺、薬味、スープのだしなどは店によって異なるものの、チャーシューを煮たしょうゆをベースにしたインパクトある黒いスープと、厚みのあるチャーシューの存在感が特徴だ。

 同地区の梅乃家と鈴屋が老舗として知られるが、その味に影響を受けた人々が竹岡式の基本を守りつつ、おのおのの味を生み出していった。「ラーメンつち家」もその一店として、ラーメン激戦区の千葉市で竹岡式の味を広めている。

 こだわりのチャーシューは、15リットルの特級じょうゆに肉の味を引き立てるショウガやニンニクを加えて5~6時間、煮込むというより煮詰めるという。角煮に近いトロトロの肉が舌の上で溶ける。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1183文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集