飯塚市議会 図書館臨時休館で質疑 コロナ禍、筑豊地区も対応分かれ /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

クラスター発生聞かぬ/人流抑制し感染予防

 飯塚市議会の定例本会議一般質問が8日あり、新型コロナウイルスによる県の緊急事態宣言(8月20日~9月12日)で臨時休館中の市立図書館について質疑があった。周辺には滞在時間の制限などで開館している市立図書館もあり、江口徹市議は「閉館は抑制的であるべきだ」などと慎重な対応を求めた。

 江口市議は「図書館でクラスター(集団感染)が発生したとは聞いたことがない。図書館は学びだけでなく(仕事などの)調べごとをする場でもある。市の行政アドバイザー(医師3人)に意見を聞いたのか」と尋ねた。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文561文字)

あわせて読みたい

注目の特集