特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

コロナ専門家の五輪提言 科学的助言者の独立守って=原田啓之(くらし医療部)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪・パラリンピックへの提言を説明する政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=東京都千代田区で2021年6月18日午後6時38分、佐々木順一撮影
東京五輪・パラリンピックへの提言を説明する政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=東京都千代田区で2021年6月18日午後6時38分、佐々木順一撮影

 5日に全日程が終了した東京オリンピック・パラリンピックは、新型コロナウイルス感染症対策のため異例の原則無観客開催だった。政府・与党は無観客を求める専門家の提言公表に難色を示したが、感染拡大を受けて対応を余儀なくされた。方針に合わない科学的知見を封殺する動きが繰り返される背景には、科学的助言者の独立性を守るルールの不在がある。

 政府の有識者会議「新型コロナ対策分科会」の尾身茂会長ら医療の専門家有志は6月18日、政府と大会組織委員会に、五輪による感染拡大リスクの提言を出した。全国各地で人出が増えて対策が緩むと感染拡大や医療逼迫(ひっぱく)のリスクが生じると懸念し、無観客開催などを推奨する内容だ。

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1839文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集