特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

河野太郎氏、10日に総裁選立候補を表明 石破氏は動向見極め判断

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎行革担当相
河野太郎行革担当相

 自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬する意向の河野太郎行政改革担当相(58)=麻生派=は、10日午後、記者会見を開いて立候補を正式表明する。麻生派会長の麻生太郎副総理兼財務相は9日、財務省で記者団に「やる以上は勝つつもりでやらないと」と述べ、河野氏の出馬を容認する考えを示した。党内で出馬を求める声がある石破茂元幹事長(64)=石破派=は、河野氏の動向を見極めたうえで出馬の是非を判断する考えだ。

 河野氏は9日、麻生派副会長の鈴木俊一元五輪担当相と会い、自身の総裁選の選挙対策本部への参加を求めたが、鈴木氏は「派閥の対応が決まっていない」などとして断った。派内の中堅・若手を中心に河野氏出馬への期待が高まる一方、ベテランの中には既に立候補を表明した岸田文雄前政調会長(64)=岸田派=を推す声もある。河野氏は先週から4回にわたり財務省で麻生氏と面会した。麻生氏は記者団に「麻生が止めているという話…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文778文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集