特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

菅首相会見、最後まで発信力不足 識者は「モヤモヤ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年9月9日午後7時5分、竹内幹撮影
記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年9月9日午後7時5分、竹内幹撮影

 突然の退陣表明から6日が過ぎた9日に開かれた記者会見で、菅義偉首相は退陣の理由について「新型コロナウイルス対策に専念すべきだと思った」と従来の説明を繰り返した。政権発足からの約1年間を「コロナとの闘いに明け暮れた日々だった」と振り返り、デジタル庁設置などの実績を強調しつつ「全てをやり切るには1年はあまりにも短い時間だった」と悔しさをにじませる場面もあった。

 紺色のスーツに身を包んだ首相は緊急事態宣言延長などのコロナ対策を説明。続けて退陣の理由について「12日の宣言解除が難しい中で覚悟するにつれて、やはりコロナ対策に専念すべきだと思い、総裁選には出馬しないと判断した」と表情を引き締め、記者会見場を見回しながら語った。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文827文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集