特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガン元大統領が謝罪 国外退避「人々を見捨てる意図なかった」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの大統領を務めたガニ氏=東京都内の日本体育大学で2019年10月23日、米村耕一撮影
アフガニスタンの大統領を務めたガニ氏=東京都内の日本体育大学で2019年10月23日、米村耕一撮影

 アフガニスタンの大統領だったガニ氏は8日、ツイッターに声明を投稿し、イスラム主義組織タリバンに政権を奪われ「安定や繁栄をもたらせなかった」として「深い後悔」を表明し「アフガンの人々に謝罪する」と述べた。

 ガニ氏は、タリバンが首都カブールに進攻した8月15日に出国し、アラブ首長国連邦(UAE)に入国…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集