ペシャワール会がアフガンで支援再開 タリバン実権掌握後に停止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ペシャワール会の活動について報告する村上優会長=福岡市中央区で2021年9月9日午前10時3分、今野悠貴撮影
ペシャワール会の活動について報告する村上優会長=福岡市中央区で2021年9月9日午前10時3分、今野悠貴撮影

 アフガニスタンで人道支援を続けるNGO「ペシャワール会」(福岡市)の村上優会長が9日、同市で記者会見し、イスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧した8月15日以降、休止していた診療事業や農業支援を再開したことを明らかにした。

 会はタリバンの実権掌握後、新政府の方針が見えないため山間部の診療所を閉鎖。干ばつ対策で続けてきた用水路建設や農業支…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集