紀伊半島最西端で夕日を 日ノ御埼灯台、9月から月1回公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
灯台前で田辺海上保安部の上野春一郎部長(右)から承認書や鍵を受け取る小薮清信理事長ら=和歌山県日高町阿尾で2021年8月26日、山本芳博撮影
灯台前で田辺海上保安部の上野春一郎部長(右)から承認書や鍵を受け取る小薮清信理事長ら=和歌山県日高町阿尾で2021年8月26日、山本芳博撮影

 紀伊水道に沈む夕日のスポットとして有名な紀伊半島最西端の日ノ御埼(ひのみさき)。海に突き出た、その絶景の高台に建つ日ノ御埼灯台(和歌山県日高町阿尾、高さ約17メートル)の一般公開が、19日から始まる。

 事業を請け負うのは、美浜町三尾地区でミュージアムや食堂などを運営するNPO法人「日ノ岬・アメリカ村」(小薮清信理事長)。灯台は海上保安庁が所管していて、NPOが田辺海上保安部に申請し、事業が承認された…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集