特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

制限緩和「全員にワクチン大前提」 大阪の吉村知事ら慎重意見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府新型コロナウイルス対策本部会議の冒頭、府内の感染状況について述べる吉村洋文知事=大阪市中央区で2021年9月9日午後5時34分、松本光樹撮影
大阪府新型コロナウイルス対策本部会議の冒頭、府内の感染状況について述べる吉村洋文知事=大阪市中央区で2021年9月9日午後5時34分、松本光樹撮影

 新型コロナウイルスの感染対策と経済活動を両立させるため、政府はワクチン接種などと行動制限緩和を組み合わせた政策方針を示しているが、近畿の各知事からは、ワクチンが行き届いていない現状や、接種していない人への差別の懸念などから「時期尚早」との声が上がった。

 大阪府は9日夕の対策本部会議で、飲食店での酒類提供禁止など、現状の対策の継続を決めた。閉会後の記者会見で吉村洋文知事は、政府が検討する緩和策について「基本的には賛成だが、接種を希望する国民全員にワクチンが届くことが大前提だ」と述べ、早期実施に慎重な考えを示した。

 大阪府は国に先立ち、ワクチン接種の進み具合などに応じて事業者への要請などを段階的に緩和する出口戦略(ロードマップ)策定に向け、6月から協議を重ねてきた。こうした経緯から、制限緩和の議論には理解を示すが、医療体制の逼迫(ひっぱく)などから、実施には時期尚早との姿勢だ。吉村知事はこれまでにも、本人の意思やアレルギーなどで接種を望まない場合には陰性証明を活用することや、緩和策を導入する場合でも飲み薬が…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文790文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集