特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

宣言延長の効果、専門家は限界指摘 飲食店中心の対策「実態とずれ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛知県庁=鮫島弘樹撮影
愛知県庁=鮫島弘樹撮影

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が19都道府県で30日まで延長されることが決まった。愛知県内では1日当たりの新規感染者が3週間以上、1000人超で高止まりしており、中でも10代以下の子どもの感染が目立つ。専門家からは「感染の仕方や経路は変化しており、飲食店中心の従来の対策は実態とずれている」との指摘も上がっている。

 県内では「第5波」が始まった7月21日以降、9月7日までの感染者のうち、20代以下が50%を占め、第4波の38%を大きく上回る。現在発生中の感染者集団(クラスター)も若者を中心に広がっており、24件中8件を保育施設や学校が占める。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文747文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集