特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

マツゲン箕島のエース松尾「最後まで投げたかった」 交代、裏目に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【三菱重工West-マツゲン箕島】5回5安打2失点と粘りの投球を見せたマツゲン箕島の先発・松尾大輝=わかさスタジアム京都で2021年9月9日午後1時半、伝田賢史撮影
【三菱重工West-マツゲン箕島】5回5安打2失点と粘りの投球を見せたマツゲン箕島の先発・松尾大輝=わかさスタジアム京都で2021年9月9日午後1時半、伝田賢史撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の近畿2次予選は9日、わかさスタジアム京都で1回戦最後の1試合が行われ、マツゲン箕島は三菱重工Westに0―10で七回コールド負けした。マツゲン箕島の先発右腕・松尾大輝は5回2失点と試合を作った。

 70球で、無念の交代となった。マツゲン箕島のエース・松尾は「最後まで自分が投げるつもりだったが、チームの方針。何とも言えないです」と悔しさをにじませた。

 左足を上げると同時に三塁方向を向いて2段モーション気味にためを作り、力強く腕を振る。140キロ前後の直球にスライダー、チェンジアップを低めに集め、序盤は4者連続三振を奪うなど快調に相手打線を抑え込んだ。しかし、2巡目に入ると「低めをしっかり見極めて、浮いた球を狙った」(三菱重工West・中山)という相手に捕まり、四、五回だけで計5安打を浴びた。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文603文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集