新型コロナ 盛岡の時短要請解除へ 県、独自の「宣言」は継続 /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
飲食店への時短要請を県内全域に拡大するよう求める要望書を県の担当者に手渡す県飲食業生活衛生同業組合の横田博安理事長(左)=盛岡市で2021年9月9日、安藤いく子撮影
飲食店への時短要請を県内全域に拡大するよう求める要望書を県の担当者に手渡す県飲食業生活衛生同業組合の横田博安理事長(左)=盛岡市で2021年9月9日、安藤いく子撮影

 県は9日、新型コロナウイルス感染症の対策本部会議を開き、盛岡市の飲食店への営業時間短縮要請を期限としていた12日で解除すると決めた。一定の効果が出たと判断した。一方、8月12日から発令している県独自の緊急事態宣言は、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数が現在の18・7人から10人未満になるまで継続する。【安藤いく子】

 県は感染急拡大を受け、同市全域を「重点対策区域」に指定。8月30日~9月12日は飲食店の営業を午後8時までとするよう要請し、応じた店には売上高に応じて協力金を支払うことにした。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1054文字)

あわせて読みたい

注目の特集