新型コロナ オンライン、対面併用授業 学びの充実、試行錯誤 川西の中学校 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
タブレット端末のカメラに向けて学習プリントを見せる教諭の大石沙耶香さん=井上元宏撮影
タブレット端末のカメラに向けて学習プリントを見せる教諭の大石沙耶香さん=井上元宏撮影

 県内の各自治体が、新型コロナウイルスの感染への不安から学校に登校しない子どもにオンラインでの学習支援を始めている。対面とオンライン授業を併用する川西市では、学びの充実を図ろうと試行錯誤を続けている。同市立川西南中(株本一男校長、507人)を取材し、課題を探った。【井上元宏】

 ◆集中力持続や実技課目など課題

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1403文字)

あわせて読みたい

注目の特集