取得企業と一部交換へ 大社基地滑走路跡 出雲市の所有地 /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大社基地の滑走路跡の東側にある出雲市の所有地=島根県出雲市斐川町で、松原隼斗撮影
大社基地の滑走路跡の東側にある出雲市の所有地=島根県出雲市斐川町で、松原隼斗撮影

 旧海軍大社基地(出雲市斐川町)の滑走路跡について出雲市は9日、市が東側に所有する約2900平方メートルを、地元企業が取得したうちの西端部分と交換する交渉を進めていると市議会総務委員会で明らかにした。市は歴史学習の場として活用する考えを打ち出しており、滑走路が完成した第二次世界大戦末期の1945年当時のコンクリート舗装が市有地より西端の方が良好な状態で残っているのが交換の理由…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

あわせて読みたい

注目の特集