自民党総裁選 「コロナ対策に専念」 菅首相、不出馬の判断説明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年9月9日午後7時5分、竹内幹撮影
記者会見する菅義偉首相=首相官邸で2021年9月9日午後7時5分、竹内幹撮影

 菅義偉首相(72)は9日夜、首相官邸で記者会見した。自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に立候補しないことについて「新型コロナウイルス対策と多くの公務を抱えながら、総裁選を戦うことはとてつもないエネルギーが必要だ。12日の(緊急事態)宣言解除は難しいと覚悟するにつれて、コロナ対策に専念すべきだと思い、出馬しない判断をした」と説明した。

 不出馬表明後、会見を開いたのは初めて。コロナ対応と総裁選の両立が困難となる理由について「私は派閥がないので、(立候補すれば)自らいろいろ行動しなければならない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文575文字)

あわせて読みたい

注目の特集