野党、首相の姿勢批判 コロナで不出馬「説明不足」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野党は9日の衆参両院の議院運営委員会で、新型コロナウイルス対策を理由に自民党総裁選への不出馬を表明しながら、国会に出席せず、説明責任を果たそうとしない菅義偉首相の姿勢を批判した。

 議運委では、政府が19都道府県への緊急事態宣言延長などを事前に報告した。共産党の田村智子氏は参院議運委で、今月3日に「コロナの感染拡大防止に専念したい」と総裁選不出馬を表明した首相について「今どこでどんな新型コロナ対策をされているのか」と問いただした。西村康稔経済再生担当相は「連日、私たちが感…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

注目の特集