厚労相、国民年金の目減り緩和策表明 公的年金制度改革に着手意向

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議後記者会見で、国民年金と厚生年金の財政調整について語る田村憲久厚生労働相=東京都千代田区で2021年9月10日午前11時11分、矢澤秀範撮影
閣議後記者会見で、国民年金と厚生年金の財政調整について語る田村憲久厚生労働相=東京都千代田区で2021年9月10日午前11時11分、矢澤秀範撮影

 田村憲久厚生労働相は10日の記者会見で、財政基盤が弱い国民年金(基礎年金)の将来的な目減りを緩和するため、厚生年金と合わせた公的年金制度改革への着手を目指す方針を表明した。公的年金の長期的な給付水準の見通しなどを示す2024年度の「財政検証」に向け、「なるべく早く国民に方向性を示すことが年金の安心につながる」と述べた。

 公的年金は、全国民共通の基礎年金と、会社員らが入る厚生年金の二つで構成され、財政上でも財源が分かれている。加入者が多い厚生年金の財源は比較的潤沢だが、非正規労働者が増えてきた国民年金の基盤は弱く、将来的には給付水準の大幅な低下が懸念される。このため、厚生年金から国民年金へ財源を振り分けられるように財政調整を実施し、国民年金の将来的な目減りを抑える狙いがある。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文650文字)

あわせて読みたい

注目の特集