希少淡水魚「イバラトミヨ」に新種 日本産106年ぶり 山形大研究

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「カクレトミヨ」と命名されたイバラトミヨの特殊型=半沢直人・山形大教授提供
「カクレトミヨ」と命名されたイバラトミヨの特殊型=半沢直人・山形大教授提供

 山形県の天童、東根両市のみに生息する絶滅危惧種の希少淡水魚「イバラトミヨ」(トゲウオ科トミヨ属)の特殊型が山形大学の研究で、世界のどのトミヨ属の種とも異なる新種として、動物分類学の国際専門誌で発表された。日本産トミヨ属では、106年ぶりの新種記載で、国による生息地の保全対策が加速することが期待される。【藤村元大】

 新種の学名は「Pungitius modestus」。和名は、水草に隠れて出てこない習性があることから「カクレトミヨ」と命名された。正式に学名が付いているトゲウオ科トミヨ属は世界で11種で、このうち日本には、北海道に分布するエゾトミヨなどがいる。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文729文字)

あわせて読みたい

注目の特集