外務省、着服の在カラチ副領事を懲戒免職 陸自から出向の幹部

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
外務省=2019年5月10日、米田堅持撮影
外務省=2019年5月10日、米田堅持撮影

 外務省は10日、パキスタンの在カラチ総領事館の副領事だった男性職員(46)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。総領事館の警備に関する見積書を業者に計約100万円水増しさせ、大部分を着服したとしている。防衛省によると、男性は外務省に出向中の陸上自衛隊の幹部自衛官。

 男性は総領事館に約3年勤務し、警備業務…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文269文字)

あわせて読みたい

注目の特集