連載

常総水害6年

 2015年9月10日に関東・東北豪雨で鬼怒川が氾濫してから6年を迎えます。

連載一覧

常総水害6年

犠牲者に献花、黙とう 神達市長「防災先進都市」誓う /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鬼怒川の堤防の決壊場所で献花する神達岳志市長(左から3人目)ら=茨城県常総市三坂町で
鬼怒川の堤防の決壊場所で献花する神達岳志市長(左から3人目)ら=茨城県常総市三坂町で

 2015年の関東・東北豪雨で鬼怒川が氾濫してから10日で6年を迎えた。常総市三坂町の堤防が決壊した場所では同日、神達岳志市長らが犠牲者の冥福を祈って献花した。豪雨によって常総市と境町で3人が死亡し、常総市では13人が災害関連死と認定されている。

 献花には、国土交通省下館河川事務所の工藤美紀男所長や住民らが参列。全員で黙とうをささげた。取材に応じた神達市長は「皆さんの死を無駄にしないよう、しっかりと防災に…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集