新型コロナ 飲食店時短要請 応じぬ松山の8店に変更命令 県が店名公表、過料も /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は10日、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の営業時間短縮(時短)要請に応じない松山市内の飲食店8店に営業時間の変更命令を文書で出したと発表し、店名をホームページで公表した。命令は10日付で、応じない場合は過料20万円以下を科すこともできる。中村時広知事は臨時記者会見で「店が開いているから行くのではなく、開いているから危険と認識してもらいたい」と注意を呼びかけた。

 店名を公表した8店を含む時短要請に9月以降に応じていない飲食店の利用者や、松山市内で酒類を提供する飲食店の従業員を対象に、13~15日、検査キットを無料で県庁西駐車場で配る。まん延防止措置が12日に解除されることを受け感染を早期に探る狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1040文字)

あわせて読みたい

注目の特集