特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『戦争はいかに終結したか』=千々和泰明・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『戦争はいかに終結したか』
『戦争はいかに終結したか』

 (中公新書・1012円)

 20世紀の戦争の終わらせ方を歴史と理論で切り取り、「出口戦略」を考えるきっかけを提示しようという大胆な試み。著者千々和泰明氏は、戦争終結の形態は、「紛争原因の根本的解決」と「妥協的和平」のジレンマの中で決まるというアプローチを本書で取っている。全6章で、第一次世界大戦に始まり、アフガン・イラク戦争に至る20世紀の主要な戦争の終わり方が扱われている。

 米バイデン政権のアフガン撤退作戦は、本書の立場からは問題を解決しない「妥協的和平」だろう。では、「根本的解決」を求めてさらに20年戦争を続ければ、問題は解決するのか。戦争はクラウゼヴィッツの時代より、たくさんある政治の手法の一つに過ぎない。戦争を万能薬のように考え、他の手段を組み込んだ「頭の体操」に失敗したことが、アメリカのつまずきの元とも考えられる。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文509文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集