特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

伊藤亜紗・評 『テアトロン 社会と演劇をつなぐもの』=高山明・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『テアトロン 社会と演劇をつなぐもの』
『テアトロン 社会と演劇をつなぐもの』

 (河出書房新社・3135円)

意見の対立、客席から見た演劇論

 あいちトリエンナーレ2019に抗議する、ときに怒りに満ちた声を自ら電話越しに受けながら、演出家の著者はこう考えていた。声が聞かれるための空間をつくること――これこそ演劇の仕事であり、パブリックの出発点ではないか。

 あいトリの企画展「表現の不自由展・その後」が開幕わずか三日で中止に追い込まれた原因のひとつは、あいトリ事務局等を対象とした組織的な抗議電話、いわゆる「電凸」である。三時間ひたすら罵倒される。家族への危害をほのめかされる。にもかかわらず、県職員はマニュアルにしばられて自ら電話を切ることも、名前を伏せることもできない。他の業務を圧迫しただけでなく、職員の精神的な負担も大きかった。

 そこで著者は「Jアート・コールセンター」を立ち上げる。クラウドファンディングで集めた資金をもとに名古屋市内のウイークリーマンションに五本の電話回線を引き、アーティストやキュレーターたち自らがオペレーターとなって、不自由展再開から会期終了までの一週間、抗議の電話を受け続けたのだ。

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文2087文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集