特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

立憲・枝野代表、発信を強化 埋没懸念、会見や地方行脚増を検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の枝野幸男代表
立憲民主党の枝野幸男代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は11日、東京都内で街頭演説し、自民党総裁選について「コップの中の権力争いに大変忙しそうだが、今やらなければならないのは新型コロナウイルス対策だ」と訴えた。総裁選が注目を集める中で埋没しないよう、衆院選をにらんだ発信を強化。立憲と選挙協力を進める共産党の志位和夫委員長も、オンライン演説会で自民を批判した。

 枝野氏は演説で「もう一度官邸に戻り、今度はどんな危機が起きても暮らしを守れる政治をつくる」と政権交代に向けた決意を示した。

 枝野氏は党内外から発信力の弱さを指摘されている。…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文528文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集