IAEA事務局長イラン訪問へ 反米ライシ政権発足後、初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 5月、ウィーンで記者会見するIAEAのグロッシ事務局長(共同)
 5月、ウィーンで記者会見するIAEAのグロッシ事務局長(共同)

イラン核合意の検証に当たる国際原子力機関(IAEA)のトップ、グロッシ事務局長がイランを近く訪問する方向で最終調整していることが10日、複数のイラン政府高官の話で分かった。8月の反米保守強硬派ライシ政権発足後、グロッシ氏のイラン訪問は初。イランによる核査察制限などを巡り高官と協議する見通し。

 IAEAは今月13日からウィーンで定例…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文272文字)

あわせて読みたい

注目の特集