特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

「9.11は米の自作自演」 ビンラディン容疑者を英雄と慕う町

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 パキスタン・アボタバードにあるビンラディン容疑者の隠れ家跡地前で取材に応じるムハンマド・アキールさん=10日(共同)
 パキスタン・アボタバードにあるビンラディン容疑者の隠れ家跡地前で取材に応じるムハンマド・アキールさん=10日(共同)

 米同時多発テロを首謀した国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラディン容疑者は、パキスタン北部アボタバードで潜伏中、米軍に殺害された。保守的な土地柄とされるこの町を訪れると、多くの住民が「彼は英雄だ」と慕っていた。同時テロの犠牲者を悼む声も聞かれたものの「イスラム教徒を陥れる米国の自作自演」と信じる人も少なくない。

 米軍特殊部隊は2011年5月、3階建ての隠れ家にいたビンラディン容疑者を殺害した。実際に急襲作戦を見たというムハンマド・アキールさん(19)は「偉大な男」と崇拝する。サウジアラビア出身で裕福だったにもかかわらず、旧ソ連に侵攻された貧しいアフガニスタンの解放のため戦ったと考えるからだ。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文691文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集