連載

壊滅作戦の行方

「工藤会」トップの野村悟被告に対する裁判と、警察と検察の「頂上作戦」に迫りました。

連載一覧

壊滅作戦の行方

「認めてくれる」工藤会離脱支援、着実な拡大 協賛企業386社に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
取材に応じる元工藤会系組員の男性=福岡県内で2021年7月27日午後1時54分撮影
取材に応じる元工藤会系組員の男性=福岡県内で2021年7月27日午後1時54分撮影

 全国唯一の特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)の壊滅を目指す「頂上作戦」で、福岡県警が、取り締まりとともに力を入れているのが組員の離脱支援だ。2014年9月の頂上作戦開始から11日で7年となった。15年以降に県警が支援して就労した工藤会の元組員らは28人。一方で、元組員を雇用した際に支給金が出る県の雇用給付金制度の「協賛企業」は、16年の制度開始から400社近くに拡大した。離脱者支援の今を取材した。

新型コロナ、少ない職種課題

 「リスクがあるのに受け入れてくれて『頑張ろう』という気持ちになれた」。県警の就労支援を受け、約5年前に県内の運送関連会社に就職した元工藤会系組員の30代男性はかみしめるようにそう話す。

 男性の勤め先は…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1401文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集