大リーグマニア・向井さんが語る大谷翔平のすごさ、愛される理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マリナーズ戦に先発した大谷翔平=アナハイムで2021年9月26日、AP
マリナーズ戦に先発した大谷翔平=アナハイムで2021年9月26日、AP

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)の投打「二刀流」の活躍が全米を熱狂させている。米国民に大谷選手の姿はどのように映っているのか。医師で大リーグ愛好家でも知られる向井万起男さん(74)に「愛される理由」を聞いた。【聞き手・松本晃】

 国民的娯楽と表現される野球は米国の代表的なスポーツであるだけでなく、米国の文化そのものも象徴している。米国映画には、アスレチックス優勝の内幕を描いた「マネーボール」(2011年)など野球がテーマの作品が多いが、そうでない作品にも野球の話題がしばしば登場する。56試合連続安打の大リーグ記録を持つ、往年の名選手のジョー・ディマジオの活躍が物語に織り込まれる「告発」(1995年)や「さらば愛しき女よ」(75年)は最高だ。その野球で、大谷選手が球史に残る活躍をするのは意義深い。

 大谷選手が米国民に熱狂的に愛されるのは、大リーグの入団の経緯も関係している。大リーグでは…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文926文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集