連載

迫る

「迫る」は人物の内面を探ったり、出来事の背景を掘り下げたりする大型読み物です。

連載一覧

迫る

市井を描く社会学者(その1) 「ありのまま」すくい上げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
荻上チキさんのラジオ番組「Session」に出演する社会学者の岸政彦さん。著書の執筆に加えて、近年はメディアへの登場も増えている=東京都港区のTBSラジオで2021年8月27日、長谷川直亮撮影
荻上チキさんのラジオ番組「Session」に出演する社会学者の岸政彦さん。著書の執筆に加えて、近年はメディアへの登場も増えている=東京都港区のTBSラジオで2021年8月27日、長谷川直亮撮影

 研究も文学も自分の目に映ったありのままの姿を著してきた。大阪に暮らす社会学者で立命館大大学院教授の岸政彦さん(54)は、市井の人の視点に合わせて社会を描く。その文章には意味付けや、派手な展開は存在しない。

 岸さんは8月27日、東京都内で複数の取材や打ち合わせをこなす合間に、TBSラジオの情報番組「荻上チキ・Session」にゲスト出演した。リスナーから出口の見えない新型コロナウイルス禍について意見が寄せられると、営業時間の短縮などによって打撃を受けている飲食店経営者の立場を憂えた。

 「飲食業の経営者になることは他人に雇われずに自分たちだけで生きていこうとする、ものすごく大きな選択肢だった。だから、自由に自立して生きるという一つの生き方自体が失われている感じがする。といって行動制限を緩めることもできない。ものすごく難しいなって、凡庸な結論しか出ないけど、社会学者としては本当に悲しい思いで見ています」

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1815文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集