連載

「9・11」後の20年

毎日新聞デジタルの「「9・11」後の20年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

「9・11」後の20年

あの日から 悲劇の歴史、風化させぬ 死臭の中、息子捜し続けた父

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界貿易センター周辺の遺体の分布図を広げるリー・イエルピさん(右)。左は妻バーバラさん=米南部フロリダ州オスプレイで2021年8月6日、福永方人撮影
世界貿易センター周辺の遺体の分布図を広げるリー・イエルピさん(右)。左は妻バーバラさん=米南部フロリダ州オスプレイで2021年8月6日、福永方人撮影

 米南部フロリダ州に住むリー・イエルピさん(77)の一日は、長男の名前が刻まれたブレスレットを右手首に着けることから始まる。ニューヨーク市消防局の消防士だった長男のジョナサンさんは、同時多発テロ(9・11)で旅客機2機が激突した世界貿易センター(WTC)に救助活動のため出動し、命を落とした。「毎朝、彼のことを思い出します」。文字の塗料がはげたブレスレットをなでながら、イエルピさんは言った。

 イエルピさんも同消防局の元消防士で、テロ当時はニューヨーク在住だった。すでに退職していたが、使命感からWTCでの救助活動に加わった。テロ直後から毎日、息子の遺体が見つかった後も現場に通い、その期間は9カ月に及んだ。

この記事は有料記事です。

残り2116文字(全文2420文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集