連載

滝野隆浩の掃苔記

社会部・滝野隆浩専門編集委員のコラム。

連載一覧

滝野隆浩の掃苔記

「誰か」を支える意味

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 さわやか福祉財団(堀田力会長)主催の「いきがい・助け合いサミット㏌神奈川」が1日から2日間、横浜市内で開催された。住民主体の共生社会をいかにつくるかを考える集い。コロナ禍で大部分がオンライン視聴だったが、現場の雰囲気が知りたくて会場に足を運んだ。

 特に「ポスター展示」を見たかった。北海道から沖縄まで。高齢者支援の実践報告は地域性が楽しい。「助成金は出せませんが、知っていることは全部出します」とした大阪府のポスター。「公助」はないとあけすけに言われれば、住民は「自助」「共助」に奮起する。コロナ禍の集会自粛でも負けない。黙々とものづくりをする「黙集(もくしゅう)のススメ」(北海道・木古内町社会福祉協議会)とか、「ウォークスルー方式ふれあいの場」(東京都昭島市東部地域包括支援センター)とか。知恵を出し合う。

 全体シンポジウムは、山極寿一・京都大前学長、神野直彦・東京大名誉教授、厚生労働事務次官を務めた辻哲夫、村木厚子両氏が登壇。ゴリラの生活史、財政学、そして地域の活動をよく知るパネリストが、それぞれの視点から「生きがいと助け合い」について議論した。国も地方もカネはなく、家族関係は希薄になり、地域コミュニティーは衰退した今の日本で、その二つが不可欠だから、と。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文943文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集