テニス全米オープン ジョコビッチvsメドベージェフ(決勝) テキスト速報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
決勝(試合前) 1 2 3 4 5 SET
セルビア
N.ジョコビッチ

4

4
4


0
ロシア
D.メドベージェフ
6
6
6


3

【全米オープン男子シングルス決勝】優勝を決めて喜ぶメドベージェフ=AP
【全米オープン男子シングルス決勝】優勝を決めて喜ぶメドベージェフ=AP

メドベージェフ、悲願のグランドスラム初制覇

 テニスの全米オープン最終日は12日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで男子シングルス決勝があり、第2シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)をストレートで破り、4大大会初優勝を果たした。メドベージェフは16本のサービスエースを決めるなどサーブが好調。ストローク戦でも軽快なフットワークと攻撃的な姿勢でジョコビッチのミスを誘い、年間グランドスラムを阻止した。

【ラケット破壊、ブラピが観戦…】決勝を写真特集で振り返る


▼第3セット

ゲーム経過 1 2 3 4 5 6 7
セルビア
N.ジョコビッチ




K
K
ロシア
D.メドベージェフ
B K B K
K

8 9 10 11 12

セルビア
N.ジョコビッチ
B K




ロシア
D.メドベージェフ


K



K:キープ B:ブレーク T:タイブレーク

【全米オープン男子シングルス決勝】チャンピオンシップポイントを奪った後にコートに倒れ込むメドベージェフ=2021年9月12日、AP
【全米オープン男子シングルス決勝】チャンピオンシップポイントを奪った後にコートに倒れ込むメドベージェフ=2021年9月12日、AP

【第10ゲーム】23回のロングラリーはメドベージェフに軍配。逆を突いたフォアのウィナーで2度目のチャンピオンシップポイント。アドバンテージサイドからワイドへのサーブ。ジョコビッチのリターンはネットにかかり、メドベージェフがグランドスラム初優勝

【第9ゲーム】ジョコビッチの強烈なフォアが炸裂!ポイントを重ねてキープに成功。ようやく柔らかな表情を見せるジョコビッチ

【第8ゲーム】メドベージェフのチャンピオンシップポイント。サーブが決まらずデュースに。連続ダブルフォルトでジョコビッチにブレークポイント。最後はメドベージェフのショットがネットにかかり、土壇場でジョコビッチがブレーク!観客席からは大歓声。スタジアムもヒートアップ

【第7ゲーム】ジョコビッチがキープして望みをつなぐ。ジョコビッチはウェアを交換。リフレッシュして第8ゲームへ

【第6ゲーム】メドベージェフがキープ。ダブルフォルトでポイントを許したが、粘り強いリターンで主導権を握らせない

【第5ゲーム】ジョコビッチがラブゲームキープ

【第4ゲーム】メドベージェフが難なくキープ。サーブでどんどん押していく

【第3ゲーム】メドベージェフがまたもブレーク。ジョコビッチは良い組み立てを見せるも、勝負どころの最後の1本が決めきれない

【第2ゲーム】メドベージェフがキープ。ジョコビッチの仕掛けをことごとくかわす。最後は素早い出足から正確なネットプレーを見せた

【第1ゲーム】第3セットもメドベージェフがブレークで先行。ジョコビッチは左右に振ってのバックショットがわずかにアウト。ネット際でのボレーもネットにかかるなど要所でポイントが取り切れない。最後もラリー戦でのスライスショットが外れた


▼第2セット

ゲーム経過 1 2 3 4 5 6 7
セルビア
N.ジョコビッチ
K
K


K
ロシア
D.メドベージェフ

K
K B K

8 9 10 11 12

セルビア
N.ジョコビッチ

K




ロシア
D.メドベージェフ
K
K



K:キープ B:ブレーク T:タイブレーク

【全米オープン男子シングルス決勝】リターンを返すメドベージェフ=2021年9月12日、AP
【全米オープン男子シングルス決勝】リターンを返すメドベージェフ=2021年9月12日、AP

【第10ゲーム】メドベージェフのサービング・フォー・ザ・セット。メドベージェフはテンポよくサーブを打ち込む。最後はジョコビッチが前に出てきてバックでのパッシングショット。これが外れて、メドベージェフが第2セットも奪った

【第9ゲーム】ジョコビッチ、バックショットがネットにかかるなどして30-30までもつれたが粘りのキープ

【第8ゲーム】メドベージェフがキープ。フォアの強打からリターンを回り込んで再びフォア。ストレートのフォアをしのいでからの素早い攻めが決まるなどショットが冴える

【第7ゲーム】ジョコビッチがキープ。0-30のピンチをなんとかしのぐ

【第6ゲーム】メドベージェフが勢いそのままラブゲームキープ。ラリー戦ではジョコビッチのダウンザラインを防ぐと、攻めに転じて打ち勝つ

【第5ゲーム】メドベージェフがブレーク。第2セットでもリード。ジョコビッチはフォア、バックでミスショットを連発。最後はネットでのボレーが浮いてしまいアウトに

【第4ゲーム】メドベージェフがキープ。ブレークポイントを握られたが、サイドスピンのボレー、バックハンドのダウンザラインなど好ショットでしのいだ。ジョコビッチはミスショットにいら立ち、ラケットをたたきつけて破壊する場面も

【全米オープン男子シングルス決勝】ラケットをたたきつけるジョコビッチ=2021年9月12日、AP
【全米オープン男子シングルス決勝】ラケットをたたきつけるジョコビッチ=2021年9月12日、AP

【第3ゲーム】ジョコビッチがキープ。デュースまでもつれる苦しい展開だったが、深いショットからのネットプレーでポイントを奪うと、最後はスマッシュをたたき込んでしのいだ

【第2ゲーム】メドベージェフが0-40からのキープに成功。ジョコビッチがリターンゲームで初めてファーストポイントを奪い攻勢にでたが、ラリー戦でミス。太ももをたたいて悔しがる

【第1ゲーム】ジョコビッチがラブゲームでキープ。メドベージェフのロブショットはわずかにアウト


▼第1セット

ゲーム経過 1 2 3 4 5 6 7
セルビア
N.ジョコビッチ


K
K
K
ロシア
D.メドベージェフ
B K
K
K

8 9 10 11 12

セルビア
N.ジョコビッチ

K




ロシア
D.メドベージェフ
K
K



K:キープ B:ブレーク T:タイブレーク

【全米オープン男子シングルス決勝】ポイントを奪い、ガッツポーズするメドベージェフ=2021年9月12日、AP
【全米オープン男子シングルス決勝】ポイントを奪い、ガッツポーズするメドベージェフ=2021年9月12日、AP

【第10ゲーム】メドベージェフのサービング・フォー・ザ・セット。最後はエースで決めて、第1セットを奪う

【第9ゲーム】ジョコビッチがキープ。30-30から華麗なサーブアンドボレーが決まる。最後はメドベージェフのバックがアウト

【第8ゲーム】メドベージェフが2度目のラブゲーム。サーブ好調、ジョコビッチに何もさせず

【第7ゲーム】ジョコビッチがキープ。前に出て見事なタッチのドロップボレーを見せる

【第6ゲーム】メドベージェフがキープ。サーブで崩して攻める展開がきっちりはまる

【第5ゲーム】ジョコビッチも負けじとラブゲームでキープ。エースを2本決めるなど、サーブが安定してきた印象

【第4ゲーム】メドベージェフがラブゲームキープ。ファーストサーブが好調。ジョコビッチはなかなか返せない

【第3ゲーム】ジョコビッチがキープ。ブレークポイントを2本セーブ。ピンチでサーブが冴えてポイントを重ね、センターを打ち抜くサービスエースで決めた

【全米オープン男子シングルス決勝】リターンを返すジョコビッチ=2021年9月12日、AP
【全米オープン男子シングルス決勝】リターンを返すジョコビッチ=2021年9月12日、AP

【第2ゲーム】メドベージェフが難なくキープ。最後はクロスの打ち合い、ジョコビッチがバックハンドで変化をつけたが、決まらず

【第1ゲーム】メドベージェフがいきなりブレーク!ジョコビッチはダブルフォルトやミスショットなど硬さがみられる


ウォーミングアップを終えて、ジョコビッチのサービスゲームで試合開始

【選手登場】

メドベージェフに続いてジョコビッチがセンターコートの「アーサー・アッシュ・スタジアム」に登場。両選手とも青いウェアを着用。胸にはLACOSTE(ラコステ)のロゴ。過去の対戦成績はジョコビッチの5勝3敗。コイントスを終え、ウォーミングアップへ

【試合前】

巨大な星条旗がコートを覆うセレモニー


テニスの全米オープン男子シングルス決勝で対戦するノバク・ジョコビッチ(左)とダニル・メドベージェフ=AP
テニスの全米オープン男子シングルス決勝で対戦するノバク・ジョコビッチ(左)とダニル・メドベージェフ=AP

ジョコビッチ、52年ぶりの偉業なるか

 テニスの全米オープン最終日は12日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで男子シングルス決勝が行われる。52年ぶり3人目となる年間グランドスラム(4大大会全制覇)に王手をかけた第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と4大大会初制覇を狙う第2シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が対戦する。今年の全豪オープン決勝では、ジョコビッチがストレート勝ちを収めている。

▶ジョコ、逆転で王者の貫禄 ウィンブルドン3連覇

▶ジョコビッチが吠えた!全仏テニス決勝を振り返る


準決勝 ジョコビッチvsズベレフ

ジョコビッチは東京五輪金メダリストで第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に4―6、6―2、6―4、4―6、6―2で競り勝った。

【全米オープン男子シングルス】準決勝でズベレフ(左)に勝利したジョコビッチ=AP
【全米オープン男子シングルス】準決勝でズベレフ(左)に勝利したジョコビッチ=AP

準決勝 メドベージェフvsオジェアリアシム

メドベージェフは第12シードのフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)を6―4、7―5、6―2で降した。

【全米オープン男子シングルス】準決勝でオジェアリアシム(右)に勝利したメドベージェフ=AP
【全米オープン男子シングルス】準決勝でオジェアリアシム(右)に勝利したメドベージェフ=AP

3回戦 錦織圭vsジョコビッチ

錦織は第1セットを7―6で奪うも、第2セット以降は3―6、3―6、2―6で逆転負け。ジョコビッチに17連敗となった。

【全米オープン男子シングルス】3回戦でジョコビッチに敗れた錦織=AP
【全米オープン男子シングルス】3回戦でジョコビッチに敗れた錦織=AP

【ウィンブルドン制覇】ジョコビッチがGS20勝到達

【男子シングルス決勝】優勝トロフィーを掲げるジョコビッチ=AP
【男子シングルス決勝】優勝トロフィーを掲げるジョコビッチ=AP

 テニスの4大大会、ウィンブルドン選手権男子シングルス決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第7シードのマテオ・ベレッティーニ(イタリア)を6―7、6―4、6―4、6―3で降し、大会3連覇を達成した。フェデラー、ナダルと並ぶ男子歴代最多の4大大会20度目の優勝を果たした。

▶第2セットからギアチェンジ 決勝を詳報で振り返る


▶錦織圭 ずっと「フルスロットル」のテニス人生

▶「5セット王」錦織 勝負強さを物語る驚愕のデータ

▶会見拒否、棄権、うつ告白…大坂選手の心乱した要因は

▶国枝を支えた妻・愛さんの弁当箱とは?

▶国枝を支える異色の職人「選手のヒーローになる」

あわせて読みたい

注目の特集