特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

入国のアフガン人10人、自衛隊機派遣前に出国 航空券はJICA負担

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸=本社ヘリから
首相官邸=本社ヘリから

 日本政府がアフガニスタンからの退避支援対象としていたアフガン人計10人が12日から13日にかけ、民間機で日本に到着した。政府関係者によると、10人はイスラム主義組織タリバンが実権を掌握した後の8月下旬ごろ、陸路で隣国パキスタンへ自力で出国していた。今後、第三国への出国を希望するか、日本での長期滞在を望むかを確認し、支援する方針だ。

 10人は国際協力機構(JICA)アフガン事務所の現地スタッフとその家族。12日夜に1家族4人が、13日夜に1家族6人が成田空港に到着した。約500人いる退避支援対象のアフガン人が日本へ入国したのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文818文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集