北朝鮮ミサイル 「融和政策」韓国は静観 「探知できず」報道も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮が発表した長距離巡航ミサイル発射実験を伝える報道番組を見る人たち=ソウルで2021年9月13日、AP
北朝鮮が発表した長距離巡航ミサイル発射実験を伝える報道番組を見る人たち=ソウルで2021年9月13日、AP

 北朝鮮が13日に新型長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと発表したことに対し、韓国政府はあからさまな反発や批判は控え、静観する構えを見せている。残り任期が8カ月を切った文在寅(ムンジェイン)政権は、交渉による南北関係の改善を「宿願」としており、北朝鮮をいたずらに刺激しないよう、配慮しているとみられる。

 韓国国防省はこの日、「韓国軍は韓米情報当局間の緊密な協力のもとで、詳細を分析している」と明らかにし、その後は沈黙を守った。青瓦台(大統領府)も、安全保障関係の閣僚や高官による国家安全保障会議(NSC)を開いていない。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文523文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集