特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン、女性が教育受ける権利保障と明言 男女一緒は認めず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタン・カブールで学校に入る女性たち=2021年9月12日、AP
アフガニスタン・カブールで学校に入る女性たち=2021年9月12日、AP

 アフガニスタンで暫定政権を発足させたイスラム主義組織タリバンは12日、女性も大学で学ぶことができると説明し、女性が教育を受ける権利を保障すると改めて明言した。一方で、大学で男女が一緒に学ぶことは認めないほか、女性には頭髪を覆うスカーフの着用を義務づけた。

 AP通信によると、この日首都カブールで記者会見したハッカーニ暫定高等教育相は「時計の針を20年前に戻したくない」と述べ、女性が教育を受ける機会を制限し、国際的に批判を浴びた旧政権時代(1996~2001年)との違いを強調した。ただ、地元メディアによると、「イスラムに反する科目は排除される」とも述べた。

 20年ぶりに復権したタリバンは7日に暫定政権の主要閣僚らを発表したが、女性は含まれなかった。再び女性の権利が制限されるとの懸念も根強く、女性による抗議デモも起きた。だが、タリバンは抗議デモを強制排除したほか、8日にはデモを「許可制」とした。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文730文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集