TBS「ひるおび!」 八代英輝弁護士の共産党巡る発言で謝罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
TBS放送センター=東京都港区赤坂 拡大
TBS放送センター=東京都港区赤坂

 TBSは13日、情報番組「ひるおび!」に出演した八代英輝弁護士が10日の放送で、日本共産党について「まだ暴力的な革命というのを党の要綱として廃止していない」と誤った発言をしたとして謝罪した。江藤愛アナウンサーが「日本共産党の綱領にそのようなことは書かれていませんでした。訂正しておわびします」と謝罪した。

 続いて八代弁護士も「私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものだった。日本共産党はそれをたびたび否定していることも合わせて言うべきだった。申し訳ありません。テレビで発言する者として、今後はより正確にバランスに配慮し、言葉に責任を持っていきたい」と頭を下げた。

 10日の放送後、共産党の志位和夫委員長が自身のツイッターで、党の植木俊雄広報部長が局の担当者に抗議し番組としての謝罪と訂正を求めたとした上で、「事実無根の卑劣なデマは絶対に許せません」と投稿していた。植木広報部長は毎日新聞の取材に対し「デマを放送を通じて流すのは許せないこと。事の重大性について理解を深めてほしい」と話した。【松原由佳】

あわせて読みたい

注目の特集