千々石ミゲルの遺骨? 長崎・諫早で人骨、木棺 天正遣欧使節

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千々石ミゲルの遺骨の可能性がある人骨や木棺の痕跡が見つかった2号墓の内部=長崎県諫早市で2021年9月12日午前10時53分、杉山恵一撮影
千々石ミゲルの遺骨の可能性がある人骨や木棺の痕跡が見つかった2号墓の内部=長崎県諫早市で2021年9月12日午前10時53分、杉山恵一撮影

 「天正遣欧少年使節」の一人、千々石(ちぢわ)ミゲルの墓と推定される墓所(長崎県諫早市多良見町)の第4次調査を進めている民間グループ「千々石ミゲル墓所調査プロジェクト」は12日、墓から木棺の痕跡と人骨が見つかったと発表した。ミゲルの骨の可能性もあり、今後性別や年齢などの確認作業を進める。

 この墓所はミゲル夫妻の墓と推定され、2017年に1号墓で実施した第3次発掘調査では、ミゲルの妻と推測される女性の骨と、ロザリオとみられるガラス玉などの副葬品が見つかった。

 ミゲルは16世紀末に九州のキリシタン大名の名代としてローマに派遣され、帰国後はイエズス会に入会。後に脱会、棄教したとされるが、副葬品の発見により棄教説に疑義が生じた。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文833文字)

あわせて読みたい

注目の特集