特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

三菱重工West・八木、自己最速152キロ サヨナラ呼ぶ気迫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ミキハウス-三菱重工West】九回から継投し2回を無失点に抑えた三菱重工Westの5番手・八木彬=わかさスタジアム京都で2021年9月13日、中田博維撮影
【ミキハウス-三菱重工West】九回から継投し2回を無失点に抑えた三菱重工Westの5番手・八木彬=わかさスタジアム京都で2021年9月13日、中田博維撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の近畿2次予選は13日、わかさスタジアム京都で準決勝2試合があり、三菱重工Westはミキハウスに延長十回サヨナラ勝ちした。九回から登板の5番手・八木彬が2回を無失点に抑えた。

 三菱重工Westの九回には、この投手がいる。1点を追う展開でマウンドに上がった八木は自己最速を更新する152キロをマークするなど150キロ超の直球を連発。3者凡退に抑えると、気迫の投球に呼応するかのように味方が土壇場で同点に追いついた。

 続く十回も3人で抑え、チームのサヨナラ勝ちを呼び込んだ。前日の日本新薬戦に続く登板で「肩の張りはあったが、気持ちで思い切り放りました」と充実感を漂わせた。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文702文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集