戦後の大映撮影所 被写体は誰? 豪から京都へ「帰国」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大映京都撮影所のバスとみられる写真。車体に映画「西陣の姉妹」の文字が読み取れる=Untitled.Showa提供・共同
大映京都撮影所のバスとみられる写真。車体に映画「西陣の姉妹」の文字が読み取れる=Untitled.Showa提供・共同

 オーストラリアに住む日本人の写真家が見つけた昭和のモノクロ写真がデジタル修復され、日本に「帰国」する。戦後間もない京都・太秦の大映京都撮影所とみられる様子を写したスナップもある。約20枚が17日から1カ月間、京都市右京区の大映通り商店街で展示される。

 京都は日本の映画製作を支えてきた。大映京都撮影所のバスの写真は、車体に1952年の作品「西陣の姉妹」の文字の一部が読み取れ、その頃に撮影したことがうかがえる。神…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集