連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

普通酒の行方

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス禍による飲食店休業の影響で、私が大好きな日本酒の業界も苦境に陥っている。そんな中、コロナ禍前から消費が減っていたジャンルがある。「普通酒」だ。

 国税庁の基準では、原料処理や製造法によって「大吟醸酒」や「純米酒」「本醸造酒」などの区分があり、「特定名称酒」としている。それ以外が普通酒だ。小売店だとパック酒、居酒屋なら「酒」とだけ書かれたメニ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集