布川事件 冤罪、身近に想像して 賠償命令確定 桜井さん会見で訴え /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨んだ桜井昌司さん(左)と谷萩陽一弁護士=東京都千代田区で2021年9月13日、森永亨撮影
記者会見に臨んだ桜井昌司さん(左)と谷萩陽一弁護士=東京都千代田区で2021年9月13日、森永亨撮影

 「本当に人様に恵まれた」。「布川事件」で再審無罪が確定した桜井昌司さん(74)が国と県を相手に賠償を求めた訴訟の控訴審判決確定を受けて、桜井さんは13日の会見で目を潤ませた。桜井さんは「冤罪(えんざい)を自分のこととして想像してほしい」と、あらためて強く訴えた。【森永亨】

 国と県は期日の10日までに上告せず、検察と警察による自白の強要を認めた判決は確定した。

 桜井さんは会見で、「人生の大半は布川事件を背負って生きていた。正直ほっとしている」と笑顔。1967年の事件発生以降を振り返り、「支援者や弁護士、ほとんど取材が来ない土浦の裁判所に通ってくれた記者などから、力を貸してもらえた」と感慨深げだった。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文684文字)

あわせて読みたい

注目の特集