展覧会、外国人も楽しんで やさしい日本語ガイド作成 都歴史文化財団 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
展覧会場などで無料で配布されているガイドブック=台東区上野公園8の東京都美術館で2021年9月1日午前11時47分、小林遥撮影
展覧会場などで無料で配布されているガイドブック=台東区上野公園8の東京都美術館で2021年9月1日午前11時47分、小林遥撮影

出展作家、分かりやすく紹介

 日本で暮らす外国人に展覧会を楽しんでもらおうと、公益財団法人「都歴史文化財団」がやさしい日本語のガイドブック「美術館へ行こう」を作成した。都美術館(台東区上野公園8)と都渋谷公園通りギャラリー(渋谷区神南1)で開催されている展覧会の情報や出展作家を分かりやすい日本語で説明している。【小林遥】

 同財団は、美術館や博物館などの都立文化施設の管理、運営を行っている。今回は、都美術館の企画展「Walls&Bridges 壁は橋になる」(開催中、10月9日まで)の外国人の観覧料が無料になることを受け、同時期開催の公園通りギャラリーの企画展「アンフレームド 創造は無限を羽ばたいてゆく」(開催中、9月26日まで)を含めたガイドブックを作成することにした。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文809文字)

あわせて読みたい

注目の特集