第92回都市対抗野球

近畿2次予選 日本新薬 第3代表Tに /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【三菱重工West-日本新薬】七回裏日本新薬2死二、三塁、大石の内野安打で待望の初得点を挙げる=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、中島怜子撮影
【三菱重工West-日本新薬】七回裏日本新薬2死二、三塁、大石の内野安打で待望の初得点を挙げる=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、中島怜子撮影

 第92回都市対抗野球大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)の近畿2次予選は12日に2回戦2試合、13日に準決勝2試合があった。準決勝は、大阪ガス(大阪市)が河野佳投手の好投でNTT西日本(同)を降し、三菱重工West(神戸市・兵庫県高砂市)はミキハウス(大阪府八尾市)との延長戦を制した。両チームは16日予定の第1代表決定戦で対戦する。準決勝の敗者はいずれも第2代表決定トーナメントに、2回戦で負けたパナソニック(大阪府門真市)と日本新薬(京都市)は第3代表決定トーナメントにそれぞれ回った。【山口敬人、中田博維、中島怜子】

 三菱重工Westは三回に西岡の2点適時打で先制し、五回に二塁打の湯口を那賀が還す。先発湯川が六回まで打者3人ずつで抑え、森、八木の継投で逃げ切った。日本新薬は七回に4連打で1点差に迫るが、八、九回の好機を生かせなかった。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文714文字)

あわせて読みたい

注目の特集