連載

生活相談Q&A

毎日新聞デジタルの「生活相談Q&A」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

生活相談Q&A

電力の契約切り替えでトラブル多発 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

料金の査定方法説明必要 メリット・デメリット把握を

 Q 大手電力会社を名乗る訪問があり、電力メーターが新しくなり電気代も新会社から請求することになると言われた。以前に大手電力会社から電力メーターが新しくなると説明されたことがあり、その話と思い契約したが、全く別の新電力会社だった。(70代・男性)

 A 2016年4月から電力の小売自由化が始まり、消費者は自由に電力会社や料金メニューを選べるようになりました。その一方で、電力切り替えに関する相談が急増しており、兵庫県内の消費生活センターには、ここ2~3年で年間約200件寄せられています。その相談の約5割が訪問販売、2割が電話勧誘販売で占められています。

 事例のように「今まで契約していた電力会社と勘違いさせる勧誘」の他に、「電気代が安くなるとの説明だったのに安くならない」「電力会社を切り替えると携帯電話代が安くなると携帯ショップで勧誘され、よく考えず契約した」など、電気代だけでなく付随する他の料金が安くなると勧誘されたという相談も多く寄せられています。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文957文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集